大正時代に始まる 日本のラジオセット このラジオは鉱石検波による 鉱石ラジオと呼ぶ構成 しかし 現在鉱石ラジオとして流通している偽物が氾濫しています 本来の本物は 自然の石ころ 鉱石自体を検波器として活用する 構成によるものですが ゲルマニュウムによる偽物が氾濫しています 大正の鉱石ラジオ の 鉱石 手に入れました H22年7月 続報H24年鉱石原石巨石と更に一つの大石を欲張りし、5月の誕生月には 鉱石ラヂオのラッキーゲット ジャンク 補修 資料収集開始。 ・・、りき丸

平成二十二年七月入手
黄銅鉱 
これが大正の時代に日本発のラジオ放送の受信機に使われた 鉱石 石ころの姿ですがこれは大きすぎる 砕石して 数百個分の検波に使えますね。
平成二十四年
006Pが とっても ちっちやく見えまーす 巨石をゲットしました、重いし大きいしラジオに使うには削岩機が活躍してからかな、結晶全体的に有りますが 微粒 も 見られます 観賞用 運勢 パワーストーン効果、、、 ・・、
平成二十四年
006Pがこのサイズ 鉱石のサイズは ご覧の通り 三個目のゲットしました、此方のほうがラジオ用にはよいかもね。
鉱石ラヂオ入城第一号機 H24年5月の初の欲張り品。
探り式天然鉱石使用の鉱石ラヂオでーす。。。